プラスチックの王子様!【タキロンの製品情報と会社の魅力】

作業員

木型の試作

概要やその経済的躍進について

作業

木型とは玩具の原型を作るときに用いる所謂資料作成の際に作る下書きのような物である。なぜ木製で型を作るのかというとコストが安いとのことです。コストが安ければその分多く提携又は委託企業から取り寄せることができます。もうひとつが丈夫ということです。試作で利用するならとても都合のいい材料となっています。この木型は修正もしやすく万が一失敗しそうになっても融通がきくようになっています。最初のころは前述でも述べたが玩具を作る際の原型として使われることが多く、作業も手作業で作られていましたが今現在では飛行機や新幹線、自動車などの原型を作る際にも利用されるようになり手作業ではなく3Dプリンタを用いて作られるようになりました。

木型の長所などについて

昔は専門の職人が原型の段階から可動域などのギミックを取り入れてそのまま製品とすることが多かったそうです。今では玩具にとどまらず携帯電話や自動車など複雑な精密機械や大型の乗り物まで幅広く木型が利用されています。木型の試作段階で修正をかけるときにはおがくずが使われているそうです。木型は本当に便利なもので、ある試作製品を大量生産するときにはまず同じ型をとっておかないとコストや時間がかかり、大変能率が悪くなります。そこで編み出されたのがある試作製品の型を一つずつそれぞれの形を合わせて作ろうとせず、同じ形の物の型をとってから生産させること。それによって同じものを何個も作り出すことが出来て尚且つ生産性が上がり能率も上がるのです。

Copyright©2015 プラスチックの王子様!【タキロンの製品情報と会社の魅力】 All Rights Reserved.