プラスチックの王子様!【タキロンの製品情報と会社の魅力】

作業員

試作品を作る

平均的な価格とはどれぐらいか

木材

木型は予め製品を試作する為にまず絵や図面にして、最近はCAD・CAMデータとしてそれを木や樹脂木を材料として試作する場合に作られます。仕上がりが実感できないので、まず鋳型にする前に試作で検討して、改良を加えたりしながら完成品へと持って行きます。車のモデルの縮小版であったり、マンガの立体モデルであったりして塗装が行われることもあります。手作り感と共に匠の技が活かされます。最近ではサイトから木型の試作から鋳物の製作まで注文できるようになっています。コンピューター機能部品や防災機器、建築金物やプラスチック製品などを手がける会社でその見積もりも行っています。これらの企業は大型のものから小型のものまで短期間納期でこれを行ってくれます。

木型試作には赤松や姫小松、ほうや人工木材、樹脂木材などが使われ、少量生産の場合が多くて製作日数も短い場合が多いものです。従って平均価格も安く、仕事内容が複雑なものでは高く、その反対であればその分安くなります。よって木型の材料やその試作目的や難易度によって価格が出されますので一概に平均価格が出されることもないものです。オークションにおいては仕上がりの既製品となったものが出品されたり、落札されるケースも多く見られ、和菓子の木型であれば平均価格としては3300円というデータもあります。中には幅をもって2万円近くで落札されるケースもあって内容によって、あるいは需要によって価格は変わって来る傾向が見られるようです。

Copyright©2015 プラスチックの王子様!【タキロンの製品情報と会社の魅力】 All Rights Reserved.